解説下呂温泉の歴史

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
下呂温泉の歴史は古く、平安時代の中頃にあたる天暦年間(947~957年)に、 現在の温泉街から4キロほど離れたところにある、湯ヶ峰山頂付近で温泉が沸出した のが始まりといわれている。

鎌倉時代中頃の文永2年(1265)。
湯ヶ峰の頂上付近で湧出していた温泉が突然出なくなり、現在の源泉地といわれている場所、温泉街の中央を流れる飛騨川の河原で再び発見された。温泉の再発見にまつわる話は、「白鷺伝説」として今に伝わっている。

温泉の出る場所が、山中から平地に移動したことで温泉の利用が大変便利になり、名泉の評判が各地に広がっていった。


室町時代の末期、延徳元年(1489)には、全国各地を紀行した京都五山の僧、万里集九 も下呂温泉を訪れている。

  詩文集『梅花無尽蔵』には、
「本邦六十余州ごとに霊湯あり。その最たるものは、上州の草津、津陽の有馬、飛州の 湯島(下呂)、この三か所なり」と記され、名泉ぶりを讃えている。

江戸時代には湯治場として栄え、江戸の儒学者 林羅山は、『林羅山 詩集第三西南行日録』において、「我が国は諸州に温泉を多く有す。その最も著しいものは、摂津の有馬、上州の草津、 飛騨の湯島(下呂)、この三か所なり」と記している。さらに「今、有馬、草津は広く世の知るところとなり。湯島は古来の霊湯たること、遠 く知るもの少なしといえども、入湯する人はその験を得ざることなし」と続けた。

こうして、有馬、草津と並ぶ「日本三名泉」のひとつとして称えられ、県下屈指の名湯となった。

また、印象に残る「下呂」の名前は、昭和以降に使われ始めた名称で、それ以前は「湯島」と呼ばれていた。

温泉地は、飛騨川の氾濫の度に壊滅的な被害を受けてきたが、その度に復興してきた。現在は、東海地方の奥座敷として、また飛騨観光の拠点として常に賑わっている。



TOPPAGE  TOP